アスタリフトホワイト エッセンス インフィルトの特長と効果

アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト

シミにしっかり届く!ナノパワーで美白からエイジングケアまで働く美容液

アスタリフトホワイト口コミ効果エッセンスインフィルト

美白美容液でカサカサしてしまうことがあったのですが、こちらはトラブルもなく肌がしっとりと仕上がります。水っぽくも無くトロミが強いわけでない、丁度いいテクスチャーなので、顔全体に広げる事も、気になる所に重ね付けもしやすいです。すぐにシミが分からなくなるわけではないですが、透明感が確実にアップしてきました。

富士フィルムの浸透技術を活かしたアスタリフトならではの美白美容液。美白有効成分ビタミンC誘導体を独自のナノ技術で肌の奥にまで届けることでメラニンの生成を抑えてシミを予防してくれます。また酵母エキスなど潤いエキスが6種も入っているので、美白化粧品による乾燥も気になりません。美白化粧品が浸透しにくくなってきたと感じたら試してみたい美容液です。
5日間美白トライアルキット1000円・税別
(先行美容液10包・美白化粧水20ml・美白美容液5ml・美白クリーム5g)
アスタリフトホワイト

 

アスタリフトホワイトのエッセンスインフィルトは美白美容液として開発された製品です。フジフィルムらしいこだわりと優れた技術が取り入れられており、これまでの美白美容液にはないさまざまなメリットを得ながら美白対策を行っていくことができるのが大きな特徴です。

効果ばかり注目すると肌ダメージ悪化の恐れも

アスタリフトホワイト口コミ効果エッセンスインフィルト

美白美容液のポイントは低刺激と浸透性です。

 

シミ・くすみの悩みを抱えている肌は乾燥とバリア機能の低下が進んでいることが多いです。

 

美白成分の効果ばかり意識して美白美容液を選んでしまうとかえってダメージを蓄積させてしまうことになりかねません。

 

また乾燥と老化が進んだ肌は有効成分が浸透しにくく、せっかく補っても十分な効果が発揮されないことも多いのです。美容液は美容成分を補うのが最大の目的ですから、こうした問題をいかにクリアしたうえで肌に負担をかけずにケアしていくことができるかどうかが問われます。

 

このエッセンスインフィルトではまず低刺激を重視し植物由来のエキスをメインにした美容成分を配合しています。

 

ツボクサやハーブの一種センテラアジアチカから抽出されたエキスをもとに作られた複合成分「ナノAMA」をはじめ、米ぬかから抽出したナノオリゾノールも配合。これらの植物由来のエキスが肌を活性化し、若々しさへと導いてくれるのです。

 

さらに酵母エキス、マロニエエキスも配合されており、美白対策はもちろんのことエイジングケア化粧品としても広く活用することができます

沈着したメラニン色素の還元作用もあるビタミンC誘導体配合

アスタリフトホワイト口コミ効果エッセンスインフィルト

シミ・くすみだけでなく透明感の低下や小じわの悩みを抱えている方にも適しています。

 

そして美白成分にはビタミンC誘導体が選ばれています。この美白成分はシミ・くすみの原因となるメラニン色素の生成をブロック。

 

更にすでに肌に沈着してシミになってしまったメラニンを薄くしていく還元作用を備えています。

 

そのため予防だけでなく、すでにできてしまったシミを薄くするうえでも効果が期待できるのがポイントです。ビタミンCは浸透しにくい難点を抱えていますが、このエッセンスインフィルトではナノAMAと組み合わせることで浸透性を高めています。

 

アスタリフトシリーズの代表する成分、アスタキサンチンももちろん配合されており、シミ・くすみの最大の原因ともいってよい肌の老化を防ぐ抗酸化作用を発揮してくれます。

 

加えて3種類のコラーゲンも配合、浸透性コラーゲン、水溶性コラーゲン、ピココラーゲンがそれぞれの役割を発揮することで角質層のすみずみにまで保湿効果をもたらしてくれます。

 

このようにエッセンスインフィルトではシミの予防・改善両方に役立つほか、老化がもたらす肌環境を整えることで肌そのものをシミができにくい状態へと導いていくことができます。40代以上の美白対策、エイジングケアにピッタリに製品ではないでしょうか。
アスタリフトホワイトの効果と特長は?>>
更に詳しく見てみる>>

 

アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト 48歳 乾燥肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

アスタリフトホワイト口コミ効果エッセンスインフィルト

いつも夏とか秋の始めくらいしか美白美容液を使ってこなかったけど、友人から通年使わないととダメだしされました。ただ私は乾燥肌で、美白美容液を半年以上使ってると何故かトラブルが起きるので、肌に刺激にならない・1年中使える美白美容液があるのか不安でした。

 

2.その化粧品を選んだ理由

成分とか特徴とか調べてみたら、米ぬか由来の成分が入っている事を知りました。私はお米とか米ぬか系の成分とは相性がいいので、これなら安心して使えそうでした。シミの骨に効くというのも、根本からケアしてくれそうで期待値が大きくなりました。

 

3.最初の印象(テクスチャーと刺激・使い心地)

赤い透明感のあるサラサラの液体で、バラの香りが漂います。こんなにサラサラした美容液は使ったことが無かったので、始めはこぼしそうでした(笑)。その分浸透は良くて、すぐに肌にすんなり馴染んでその後の肌がしっとりします。乾燥肌で合わないコスメではすぐ赤くなる私でも大丈夫でした。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

美白がどうこうよりまず肌がしっとり・モチモチに変わったことに驚きでした。美容液で効果高いと多少カサカサしても仕方ない・それよりも白くなりたいって気持ちが大きかったから、今迄肌に合わないものを付けてしまってたんだと反省。そのうちシミが濃くなったかと心配になりましたが、肌全体のトーンが上がったり、シミが排出される前で浮き上がって来た?だけだったみたいで、美白効果もしっかり感じられてます。
更に詳しく見てみる>>

 

美白美容液の失敗しない選び方

美白美容液は美容成分を補うのが目的のアイテムです。当たり前のように思えますが、美白美容液選びにおいてはこの点がとても重要な意味を持ってくるのです。化粧水の場合は美白効果以前に肌を整えるのに適しているかをチェックする必要があります。

効果より肌質に合っているかが大切

アスタリフトホワイト口コミ効果美白美容液選び方

クリームの場合は適度な油分を補って表皮にフタをする効果がしっかり得られるかをチェックする必要があります。

 

それに対して美容液の場合は配合されている美容成分がどんな効果を発揮するかをもっぱら考えて選んでいくことになります。

 

そのためどうしても効果ばかりを優先して肌との相性がないがしろにされてしまう面があるのです。

 

美白成分の中には美白効果に優れている一方で肌に刺激を与えてしまう一面も持っています

 

とくにハイドロキノン配合の美白美容液を選ぶ場合には自分の肌に使っても問題ないかどうかを必ず確認した上で選んでいかないと美白効果どころか肌荒れなどのマイナス面を背負ってしまうことになりかねません。

 

シミを早く改善したい気持ちはわかりますが、あくまで自分のペースで無理なくケアしていける製品を選ぶことが第一なのです。

 

ハイドロキノン配合の化粧品には濃度が掲載されていますから、まずは低い1パーセントのものから試してみるとよいでしょう。

 

それで肌に問題がないと判断できたらそのまま使う、あるいはもう少し濃度が高い2〜3パーセントの製品を試してみるのです。また美白成分には2つのタイプがあります。

メラニン色素の生成予防と還元作用に2タイプ

アスタリフトホワイト口コミ効果美白美容液選び方

アルブチンやトラネキサム酸のようにシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果があるタイプと、

 

その効果にプラスしてすでに肌に沈着を起こしてしまったメラニンを薄くする還元作用を備えているハイドロキノンやビタミンC誘導体などのタイプです。

 

予防をおもな目的とするか、シミの改善を目的とするかで判断しましょう。

 

もうひとつ、配合されている他の成分との相性もよく確認しておきましょう。バリア機能が低下しているとちょっとした刺激にメラニン色素が増えてしまうので保湿成分も一緒に補うのがオススメです。

 

一方くすみの悩みを抱えている方はターンオーバーを活性化させる成分と併せて補うと相乗効果が期待できるでしょう。

 

フジフィルムのアスタリフトシリーズから発売されている美白美容液のエッセンスインフィルトではビタミンC誘導体を美白成分として配合しつつ、保湿成分として3種類のコラーゲン、くすみ対策として独自成分の「ナノAMA+」など豊富な美容成分が組み合わされています。

 

こうした化粧品としてのトータルなバランスに優れた美白美容液を選ぶのもひとつの選択肢です。自分の肌と相談しながら負担をかけずに無理なく使い続けられるピッタリな製品を探していきましょう。

美白美容液の上手な使い方

美白美容液は美白成分をいかにうまく浸透させるかがポイントです。シミやくすみの悩みを抱えている肌は老化や乾燥が原因で水分や有効成分が浸透しにくい状態にあります。そのためせっかく美白美容液で美白成分を補っても十分な効果が得られないことも多いのです。

化粧水で敏感な肌環境を整えてから

アスタリフトホワイト口コミ効果美白美容液使い方

まず化粧水でしっかりと肌を整えておきましょう。

 

化粧水の段階で保湿を行い、肌を柔らかくしておくと角質層が美容成分を受け入れやすい状態にすることができます

 

化粧水では十分ではないと思ったら導入美容液の導入も検討してみると良いかもしれません。美容液そのものを使う前の環境づくりをまず心がけてみましょう。

 

そのうえで美容液は適量を心がけましょう。どうしても効果を実感したいあまりに一度にたくさんの量を使ってしまいがちですが、肌が吸収できる水分・美容成分の量には限りがあります

 

たくさん補ったからといってたくさんの効果が得られるわけでは決してないのです。一方美白美容液は美白成分が肌にもたらす刺激が少々気になるアイテムです。

 

ですから過剰に補ってしまうと角質層に十分浸透しきれないうえに表皮に刺激を与えてしまうというデメリットを抱えてしまうことになりかねないわけです。

 

製品に記載されている用量をしっかり守った上で使うのはもちろん、必要に応じて重ねづけなどの工夫も取り入れていきましょう。

温めてから指の腹で顔全体に塗り広げる

アスタリフトホワイト口コミ効果美白美容液使い方

塗付する際にはいきなり肌につけずまず手のひらにとってから少し温めましょう。

 

こうした肌と同じ温度に温めることで格段に肌に馴染みやすくなります

 

浸透性を高めるという目的からもこの点はとても重要なポイント、ちょっとした手間だけで効果を高めることができるのでぜひ取り入れたい部分です。

 

あとは指で擦らずに軽く触れながらムラなく伸ばしていくこと。顔全体をしっかりカバーできるよう塗りにくいところも忘れずに塗付していきましょう。指の先ではなく腹を使って伸ばしていくのがポイントです。

 

クリームとは違いマッサージしながら塗付していくといったことはせず、あくまで摩擦を避けながら塗付していきましょう。化粧水と同じようにハンドプレスで押し当てるように馴染ませていくのも良い方法です。

 

伸びがあまりよくない化粧品を使っている場合には買い替えも検討してみましょう。美白美容液は美白化粧品の中ではもっとも高い効果が期待できる一方、肌への刺激が気になるものです。

 

使い方一つで効果を高めることもできれば肌に負担をかけてしまうこともありますから、こうした基本的な使い方は必ず踏まえておくようにしたいものです。
アスタリフトホワイトの効果と特長は?>>